令和的な結婚のカタチ

「結婚ってなんだろう?」と最近思います。昭和生まれの自分は「オトコに尽くすことが女の幸せ」という昭和の頃に大人になった世代。「幸せな結婚」を夢見ながらまあまあ、ほぼ理想の人とは結婚して23年。平成、令和と過ごしてきて周りに感化されたか?時代に乗っているのかがわからないけど考え方も全く変わってきます。頼りがいがあるのが決め手で夫と結婚したのに今では「なんて手がかかるの?オトコって子供」と思うようになったり「オンナって損」「なんで家事は平等でないの」など不満やストレスが溜まってくる。同じ価値観だから結婚したのに長く生活すると意見の違いや考え方の違いがあってケンカとなり口も聞きたくなくなります。そして「一人になりたい、一人になれたら」と思うのです。平成生まれの若者たちはあまり結婚願望がないみたいですね。それが正解だと今になって思っています。自分の若い頃は「週末婚」が新しいカタチとして話題になった。今令和になり「別居婚」といったものが出てきた。それぞれの住まいを持ちながら独身の時と変わらない生活を送ることらしいのです。2人とも仕事とライフスタイルが自立していながら、でも婚姻関係を結ぶ。少し前まではそのスタイルに少々疑問を持っていた。籍を入れなくともパートナーとしてでいいんじゃない?と思ってた。でも最近はなんとなくその「別居婚」の意味もわかってきた。相手を信頼し、失いたくない、互いに困難をずっと乗り越えていきたいと思っているからでこそ?かもと思うようになった。ぶっちゃけ今の私には羨ましすぎるスタイルですね。できることなら今からでも、とバカげた考えになることもある。自分より上の世代の人たちでも子育てが終わった夫婦が仲はいいけどお互いのしたいことの為に別居することもあるようです。「男は仕事」「女は家庭を守る」スタイルはもうとっくの昔に終わってる。「男女平等」って言葉が一番好き。今からでも何でもこなせる自分になりたい。