変わってしまった友達

10代の頃から仲良かった友達がいて、お泊まりしたり、いろんな所に遊びに行ったり、彼氏紹介したり、20代、30代と一緒に歩んできて、これからもずっと友達でおるんやと思ってた。昨年くらいから、少しずつ変化があって「ん?」と思う事が増えていって。喧嘩もした。話し合いもした。仲直りもした。それでも、どこかなんか引っ掛かる物があって、取り除けんくて。もう1回話し合って大丈夫ってなったけど、けど!けど!最終的にはダメになった。友達関係終了。バイバイ。さよなら。

大好きやったし、思い出もいっぱいあるし、ふたりの歴史もある。家族ぐるみで付き合うようにもなれた。これからもずっと友達やと思ってた。だから、余計に複雑な心境。好きやけど受け入れられなくて。譲れる所もあるけど、何でそんな事を言われないといかんの?って譲れない部分もあって。いろんな感情がぐるぐるする。だめになったのは変わらないし、再構築は無理やし、頭では分かる。分かるのだけど、複雑。悲しい。寂しい。

セルフチューニングって何?それがそんなに大事なの?サイト見せて貰ったけど、めっちゃお金かかるやん!こどもおって、家のローンもあってさ。趣味は自由やし何にお金をかけるかはそこの家庭で決める事なのは重々承知!それでも!それって宗教じゃないの?そこに居る人達は同じ考えで良いかもしれない。大人はある程度自分自身で決められるし責任もおえる。じゃあ、こども達は?価値観とか考え方とか、ひとつに固定しちゃって良いの?心境だよ。

大好きだから考えちゃう。大好きだから心配になる。話聞いててもさ、価値観とか考え方以前の問題じゃない?って思う事が多々あるの。だから、納得出来ないの。親同志は離れたらいいよ。いや、嫌だけど。決定権の無いこども達は、これから先どうなるの?そこのひとつの価値観と考え方の中で育っていくの?それで、すくすく育つの?大丈夫?ねぇ、やっぱり心配になるよ。

初回いくら、とか。個人だといくら、とか。見ちゃったから余計にさ。嫌だよ。戻ってきて欲しいよ。