服飾がテーマの中国ドラマ

私が見て良かったのは中国ドラマのタイトルは「雲衣坊~糸に秘めた恋~」なのです。内容は振羽が一人の男に長楽村の1年間の家賃を渡すのです。残りもくれるから住人を追い出すなと警告をするのです。大家が振羽の言葉に分かったと言うのです。大家の男がなぜあいつらの家賃を肩代わりをするか分からないと聞いてくるのです。振羽が大家にお金を払った拇印を求めるのです。大家はお金ををもらって駱店主は他人に興味がないのになぜ長楽村に関心を持ったか不思議に思ったのです。大家が駱店主の言葉を思い出して鹿主任と言ったからそういうことと気づいてこれで金に困らないと言って大喜びなのです。大家は大勢がいる賭博で店の人が金を持ってきたか聞くのです。隣の客の男性が大家にこいつの金では下着が買えないとバカにするのです。隣の客が大家にどこのお金をかっさらってきたと言って持ち主に脚を折られると言って文句を言うのです。大家が店の店主にちゃんと人からもらったお金と説明をするのです。しかも使い切れないほどあると言うのです。大家は店の店主から賭けていいと言われたら大家はサイコロの大を選択したのです。雲衣坊では蘇逸が緑水が布を取れなくて代わりに取ってあげようとしたら思わず蘇逸がキスをしようとして緑水が照れて逃げるのです。蘇逸はこの気持ちは言葉にできないと一人思ったのです。胤燃は蘇逸に今まで何度花街を通ったと聞くのです。今更純情を装う気持ちに無理があると言って疑うのです。蘇逸が鼓動を感じると胤燃に言って怒って警告するけど緑水を誘惑するなと言われるのです。雲衣坊で蘇逸が胤燃に鹿主任から緑水に乗り換えると聞くのです。絶対緑水だけは譲らないと伝えるのです。胤燃は蘇逸に鹿主任は緑水を気にかけて妹みたいに思ってると言うのです。緑水をもてあそぶ気なら今すぐ諦めるべきなのです。緑水が遊ばれたと知れば鹿主任は悲しむのです。蘇逸が胤燃に鹿主任を傷つけないためと見抜いてるのです。胤燃は蘇逸に親友の助言と話すのです。蘇逸が胤燃が安心してと言うのです。こんな気持ちは初めてで今回は真剣と言い出すのです。胤燃は蘇逸の言葉に寒気がしたのです。喬霊はやっと旦那様が御霊屋から出してくれたと点翠に嬉しそうに頼むのです。服と宝石を用意してと言ったら喬霊の本人が点翠に準備をしてると言い出すのです。点翠が服に対して奥様にご不満と聞いたら喬霊の本人が全て着飽きたと言い出すのです。点翠が奥様が1番お気に召してる服と反論をするのです。この2着は先日作られたものなのです。数回しか着てないのです。喬霊が点翠の言葉で思い出したと言って1か月も服を作ってないのです。喬霊は雲衣坊へ行って鹿主任を呼んでと点翠に頼むのです。点翠が奥様に「はい」と言うのです。緑水と酒児は仲良く2人で歩いてたら裴卓が鹿主任を探してたと言って今日が誕生日で食事の招待に来たと言うのです。酒児は裴さんにもっと早く言ってほしいと残念がるのです。贈り物を用意できなくて申し訳ないのです。裴卓が鹿主任に君と過ごすことが一番の贈り物と言うのです。